メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

最後の在米ナチ戦犯を送還 95歳、NYから

 米ホワイトハウスは21日、米国内で生存する最後のナチ戦犯とみられる95歳の男を、居住していたニューヨークからドイツに強制送還したと発表した。これまで受け入れ国がなかったが、トランプ大統領がドイツのメルケル首相を説得して送還が実現したとみられる。

 男は現在のポーランドにあった強制収容所で看守をしていたヤキフ・パリイ被告。1949年に経歴を偽って米国入りし57年に市民権を得た。現ウク…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです