メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧チェコスロバキア

プラハの春、軍事介入50年で追悼

 旧チェコスロバキアの民主化運動「プラハの春」鎮圧のため、ソ連軍を中心とする東側諸国のワルシャワ条約機構軍約20万人が侵攻した「チェコ事件」から50年が経過した21日、チェコやスロバキア各地で事件を振り返り、犠牲者らを追悼する式典などが行われた。

 ソ連軍などは1968年8月20日夜から21日にかけて侵攻した。当時、戦車に急襲されたプラハ市内のチェコ・ラジオ前での式典では、チェコのバビシュ首相が「自由と民主主義は異論を認めることで成立する」とスピーチ、抑圧に立ち向かった人々をたたえた。

 ただ、バビシュ内閣はボヘミア・モラビア共産党の閣外協力を得ていることもあり、市民らは演説中に批判の…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです