メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トランプ氏の元選対本部長に有罪評決

モラー特別検察官起訴のケースで初有罪評決

 【ニューヨーク國枝すみれ】米南部バージニア州の連邦地裁の陪審員は21日、トランプ陣営の元選対本部長のポール・マナフォート被告に対し、起訴された18の罪のうち、脱税など8件で有罪評決を下した。トランプ政権の「ロシアゲート」とは直接関係ない罪だが、モラー特別検察官が起訴したケースでは初の有罪評決で、モラー氏にとっては大きな勝利となった。

 被告は、ウクライナの親ロシア派から得たコンサルタント料など1600万ドル(約17億6000万円)を…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文501文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです