メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・天保山

日本一低い山の登山証明書 20年で6万枚

天保山をPRする天保山山岳会会長の橋本誠さん(右から2人目)ら=大阪市港区で2018年8月9日、梅田麻衣子撮影

 標高4.5メートルの天保山(大阪市港区)の地元住民らでつくる山岳会が、「日本一低い山」とうたって登山証明書の発行を始めてから、22日で20年を迎えた。山頂が分からず迷った人を「山岳救助」と称して案内するなど、遊び心あふれる活動で知名度を拡大し、発行枚数は約6万枚に。メンバーらはこの日午後から、感謝の気持ちを込めた記念の証明書を現地で配布する。

 天保山は1831(天保2)年ごろ、河川工事で出た土砂を積み上げてできた人工の山だ。大阪湾を望む公園…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文823文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. はやぶさ2 小型探査ロボット2台投下 小惑星に向け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです