メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対中関税

批判相次ぐ 米、産業界から意見聴く

 米通商代表部(USTR)は20日、中国からの年2000億ドル(約22兆円)分の輸入品を対象とする制裁関税の第3弾について、産業界から意見を聞く公聴会を開いた。出席者からは「追加関税を課せば値上げせざるを得ず、商品が売れなくなる」「中国以外の製造元が見つからない」などと、反対意見が噴出した。

 中国で製造しているかばんメーカーは「(米中両国の)政治ゲームに巻き込まれた」とした上で「企業が成長し続けられるよう助けてほしい」と制裁関税の発動中止を求めた。

 スポーツ用品メーカーも「30ドル以上の帽子は誰も買わない」と訴え、自転車メーカーは中国から大半の自…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです