メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

仏石油大手が撤退表明 ガス田開発、核合意の象徴

 【カイロ篠田航一】イランのザンギャネ石油相は20日、イラン南部のペルシャ湾海底にある巨大ガス田「サウスパルス」の開発に乗り出していたフランス石油大手トタルが、正式に契約から撤退したと発表した。ロイター通信などが伝えた。

 イランが核開発を制限する代わりに欧米が経済制裁を一部解除する核合意が2015年に結ばれて以降、この契約はイランと欧米の関係改善を示す象徴的な案件とされていた。だがトランプ米政権が今年5月に核合意離脱を表明し、外国企業によるイラ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  2. 日産、ゴーン前会長に損害賠償請求へ
  3. ゴーン前会長 クルーザー「社長号」も私的流用から?
  4. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  5. 注目裁判・話題の会見 ゴーン事件追起訴 東京地検次席会見「反響は想定」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです