メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

仏石油大手が撤退表明 ガス田開発、核合意の象徴

 【カイロ篠田航一】イランのザンギャネ石油相は20日、イラン南部のペルシャ湾海底にある巨大ガス田「サウスパルス」の開発に乗り出していたフランス石油大手トタルが、正式に契約から撤退したと発表した。ロイター通信などが伝えた。

 イランが核開発を制限する代わりに欧米が経済制裁を一部解除する核合意が2015年に結ばれて以降、この契約はイランと欧米の関係改善を示す象徴的な案件とされていた。だがトランプ米政権が今年5月に核合意離脱を表明し、外国企業によるイラ…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです