メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手・山田線

宮古-釜石間で試験走行

東日本大震災の津波から復旧したJR山田線の鉄路を試験走行するディーゼル機関車(中央)=釜石市鵜住居町で2018年8月21日午前10時36分、中尾卓英撮影

 JR東日本は21日、東日本大震災の津波で不通となっている岩手県の三陸沿岸を走る山田線宮古-釜石間(55.4キロ)で試験走行を始めた。県の第三セクター・三陸鉄道に営業移管し来年3月23日、運行再開を迎える。

 同区間では津波で、約8.5キロの鉄路が流され、13駅のうち7駅が流失・被災した。JR東は沿線をかさ上げするなどして先月18日、線…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです