メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪

里山のサシバ激減 40年で4分の1

鳴きながら飛ぶサシバの成鳥=大阪府内で2009年4月16日、大西敏一さん提供

 自然が豊かな里山に生息する猛きん類「サシバ」の大阪府内での詳細な生息状況が、日本野鳥の会大阪支部などでつくる市民団体の調査で明らかになった。約40年前には府南部で広く営巣していたが、4分の1に激減した。都市近郊に残る里山の環境が、宅地開発などで悪化したことが原因とみられ、調査団体は「府内で繁殖するサシバが消える恐れもある」と懸念している。

 サシバは1980年代ごろまで府内でも多く見られた。その後、生息に適した山林の減少などに伴って生息数…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文909文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです