メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪

里山のサシバ激減 40年で4分の1

鳴きながら飛ぶサシバの成鳥=大阪府内で2009年4月16日、大西敏一さん提供

 自然が豊かな里山に生息する猛きん類「サシバ」の大阪府内での詳細な生息状況が、日本野鳥の会大阪支部などでつくる市民団体の調査で明らかになった。約40年前には府南部で広く営巣していたが、4分の1に激減した。都市近郊に残る里山の環境が、宅地開発などで悪化したことが原因とみられ、調査団体は「府内で繁殖するサシバが消える恐れもある」と懸念している。

 サシバは1980年代ごろまで府内でも多く見られた。その後、生息に適した山林の減少などに伴って生息数…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文909文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです