メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

女子レスリング、金メダルゼロ! 栄ショック…東京五輪へ不安(スポニチ)

<アジア大会・レスリング>女子76キロ級決勝、中国選手(上)にポイントを奪われる皆川=スポニチ

アジア大会 第4日(2018年8月21日 インドネシア・ジャカルタ)

 最終日を迎えたレスリング女子は76キロ級決勝で皆川博恵(31=クリナップ)が敗れ、日本女子の総合大会での連続金メダル獲得記録がストップ。20年東京五輪へ世界最強軍団に不安要素が生まれた。

     女子レスリングが02年釜山大会で採用されて5大会目。日本の連続金メダル獲得記録は、ジャカルタで途絶えた。04年アテネから正式種目入りした五輪を含め、総合大会で世界を席巻してきた日本の落日。最後の砦(とりで)として、決勝を戦った76キロ級の皆川は中国選手に完敗し「残っていたのは私だけで、金を獲りたいと思っていた。申し訳なかった」と悔しさをにじませた。

     パワーハラスメント問題などを受け、栄和人前強化本部長が解任されたのは4月。20年東京に向けた新体制で挑んだ初の国際大会で屈辱を味わった。リオ五輪金メダルの土性が肩の手術を理由に辞退したとはいえ、16年リオ五輪金メダルの川井、17年世界選手権優勝の奥野ら、実績のある選手を投入。それでも選手団のムードは最後まで改善しなかった。

     笹山秀雄監督は「試合を見ているとタックルに入り込めていない選手が多かった」と総括。パワハラを含めた“栄ショック”の影響については「それはあまり考えていない。選手もそこまでとは思っていないのでは」と言葉を濁した。

     アジア大会の反省を生かす舞台は、10月にハンガリーで行われる世界選手権。笹山監督は「とにかく立て直す。しっかりタックルに入ることを確認していきたい」と巻き返しを誓う。だが、吉田、伊調ら、最強国の看板レスラーたちの今後が不透明な今、2年後に向けて不安要素が大きく頭をもたげたことは確かだ。 (スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
    5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです