メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大洲猛

鶴竜も稽古再開 右肘の違和感なし「体が出来上がっている」(スポニチ)

 横綱・鶴竜(井筒部屋)も相撲を取る稽古を再開した。平幕の正代、豊山を相手に、右差しからの一気の寄りなどで圧倒した。名古屋場所を途中休場する原因となった右肘については「違和感はない」と話し、「息も上がらなかったし、しっかり体が出来上がっているということ」と言う通り、10番以上取っても自分の形は崩れなかった。

     横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)は平幕・佐田の海と13番取って全勝。得意の左四つだけでなく、右四つから寄り切る場面もあった。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
    2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
    5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです