メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

解けたら脱出、魅力の謎 謎解きイベント延べ年100万人 体験共有で人気

大量の水が流れ込む密室から脱出するため、真剣に謎を解く=名古屋市中区「なぞともカフェ」で2018年7月21日午後5時57分、太田敦子撮影

 数字や文字のパズルを完成させ、密室から脱出したり宝探しをしたりする--。そんな「謎解きゲーム」に、同僚やサークル仲間らと挑戦する大人たちが続出している。謎解きイベントには昨年、延べ100万人が参加。いつでもゲームができる常設の施設も増えた。何が人々を引きつけるのか、謎を解いてみた。【太田敦子】

 年数回は謎解きに参加する愛知県碧南市の公務員グループ9人に同行した。名古屋市内のゲーム施設で挑戦するのは、2099年の世界から現在に生還する脱出ゲーム。1時間以内に、部屋のいたるところに隠された謎を解き、「タイムマシーン」を操作しなければならない。問題を解く人、情報を統括する人などを分担して臨んだが、ゴール寸前にタイムアップとなった。平松佑太さん(34)は悔しがりつつも「一体感が生まれ、仕事にもプラスです」と話した。

 謎解きイベントの始まりは11年前、広告制作会社「SCRAP」が京都市で開催した「リアル脱出ゲーム」…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1192文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです