メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/237 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(72)

 タケシは腹の底から叫んだ。

「登美ちゃん、逃げて」

 つぎの瞬間さっきまで登美子が立っていた歩道には、燃える家の残骸が炎をあげるだけだった。輻射(ふくしゃ)熱がひどく、とても近くにいられない。少女の姿はどこにも見えなかった。

「登美子ーっ」

 燃える残骸のなかに飛びこもうとした千寿子をよっさんが羽交い締めで押さえていた。娘を目の前で殺された母親はこんなふうに泣き叫ぶんだな。自分が死ねば、うちの母さんもこうなるのだろうか。

 振りむくと、君代が真っ赤な目を見開き、手拭いで口を押さえていた。また炎のなかにいくのか。身体(から…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです