メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

救急医の神髄を若手へ 石松伸一さん

聖路加国際病院の石松伸一副院長

 聖路加国際病院(東京都中央区)の石松伸一副院長(58)が、救命救急センター長としての経験と思いをつづった「生と死の現場から」(海竜社、1512円)を出版した。

 25年間、救急医療に関わった石松さんを一昨年、軽い脳梗塞(こうそく)が襲った。5日間の入院で回復したが、今も再発への不安を抱く。「救急医の醍醐味(だいごみ)を若い世代に伝えてお…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです