メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相、出馬時期調整 26日、鹿児島で表明案浮上

安倍首相

 安倍晋三首相(63)は、自民党総裁選(9月7日告示、20日投開票)への立候補を正式表明する日程について最終調整している。早ければ26日に訪問先の鹿児島県内で表明する案が浮上している。既に出馬表明した石破茂元幹事長(61)が地方創生を強調していることや政権批判を強めていることを踏まえ、党員票拡大をにらんだ「地方行脚」の日程を組みつつ、連続3選に向けて最も効果的な時機を模索している状況だ。

 首相は22日、日中は山梨県内で静養し、同夜に帰京した。今週末からは、宮崎、鹿児島、福井の各県など地…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文805文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです