メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

メディア敵視に400紙危機感共有 一斉社説で大統領に反論

報道の自由を訴える社説を載せたニューヨーク・タイムズ紙。賛同した約70紙の社説の抜粋も掲載した

 メディアを「国民の敵」「フェイク(偽)ニュース」と攻撃するトランプ米大統領とメディアの対立が激化している。トランプ氏の影響で国民のメディア敵視が強まり、危機感を抱いた全米の多くの新聞が一斉に社説を掲げて反論した。他国と繰り広げる「貿易戦争」も米国の新聞業界に経済的な打撃を及ぼしており、「メディア受難」とも言える状況が続いている。【ロサンゼルス長野宏美】

 トランプ氏に対抗し、報道の自由を訴える社説が16日、米国の新聞に一斉に掲載された。呼びかけたのは東…

この記事は有料記事です。

残り2330文字(全文2558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  3. 大阪 川遊びの小3男児が行方不明 大和川
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです