メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは ポイントカード経済 目先の損得追った私たち=中村秀明(編集編成局)

ポイントカードがはやり、カジノに行き着いた平成の経済

 バブルがもたらした好景気で始まり、その後の深い落ち込みと長い停滞とともに語られる平成の経済。この30年に起きたのは、経済の姿形や構造の様変わりにとどまらない。表には見えにくい価値観、私たちの行動のものさしが大きく変わった。

 ある身の回り品が肥大化したのに気づく。財布だ。

 「すぐに無料でお作りできますよ」と言われるままに手にしたポイントカードの類いではちきれそうになり、それらを収める大きな財布が普及したのだ。肝心なお金がはちきれそうに増えたわけではない点が、勤労所得が目減りした平成を象徴している。

 経済産業省によると、支払った額の一定割合を次からの買い物に使えるポイント制度は、平成元年の1989…

この記事は有料記事です。

残り1666文字(全文1967文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  4. 迫撃砲着弾 道路の舗装めくれ「命の危険感じた」
  5. 陸上自衛隊 国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです