メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは ポイントカード経済 目先の損得追った私たち=中村秀明(編集編成局)

ポイントカードがはやり、カジノに行き着いた平成の経済

 バブルがもたらした好景気で始まり、その後の深い落ち込みと長い停滞とともに語られる平成の経済。この30年に起きたのは、経済の姿形や構造の様変わりにとどまらない。表には見えにくい価値観、私たちの行動のものさしが大きく変わった。

 ある身の回り品が肥大化したのに気づく。財布だ。

 「すぐに無料でお作りできますよ」と言われるままに手にしたポイントカードの類いではちきれそうになり、それらを収める大きな財布が普及したのだ。肝心なお金がはちきれそうに増えたわけではない点が、勤労所得が目減りした平成を象徴している。

 経済産業省によると、支払った額の一定割合を次からの買い物に使えるポイント制度は、平成元年の1989…

この記事は有料記事です。

残り1666文字(全文1967文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです