メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

翁長知事の問いかけに応えよ=鳥山淳・沖縄国際大教授

 翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事が急逝した。9日の毎日新聞朝刊に4年間の「主な発言」が掲載されたことが示すように、沖縄の経験を背負いながら日本政治への問いかけを言葉にし続けたという点において、大きな存在感をもった知事であった。しかしその県政は、未発の可能性を残したまま幕を下ろした。

 これからメディアの関心は、翁長知事が表明していた辺野古埋め立て承認の撤回、政府による土砂投入、そして9月30日の県知事選挙へと向かっていくに違いない。致し方ないことだと思うのだが、だからこそ、選挙戦に向けていや応なく高まっていく対立や分断をどのような問題として報じるのかという点が、とても重要になる。もしそれが沖縄の葛藤や苦悩といった視点で表現されてしまうのだとしたら、翁長知事が日…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文839文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです