メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボルトン米大統領補佐官

「牧師解放ならリラ急落解決」

 【エルサレム共同】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、米国との対立を背景としたトルコの通貨リラの急落について、トルコ当局が自宅軟禁している米国人牧師を無条件で解放すれば「即座に解決できる」と主張した。ロイター通信のインタビューに答えた。

 ボルトン氏は、米国人牧師の解放を拒否したトルコ…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです