メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェコ事件

50年 プラハの春鎮圧、ソ連軍侵攻 各地で追悼式、親露派大統領欠席

チェコ事件から50年を迎え、犠牲者追悼のコンサートには多数の市民が詰めかけた=チェコの首都プラハで21日、ロイター

 【ウィーン三木幸治】旧チェコスロバキアの民主化運動「プラハの春」を鎮圧するため、旧ソ連と東欧諸国によるワルシャワ条約機構軍が軍事侵攻した「チェコ事件」から50年を迎えた21日、チェコとスロバキアの各地で犠牲者の追悼式典などが開かれた。

 チェコのバビシュ首相は当時、ワルシャワ条約機構軍に非武装の市民17人が殺害されたプラハのチェコ・ラジオ前で演説し「自由と民主主義にとって重要なのは人々の多様な意見を認めることだ」と述べ、旧ソ連な…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです