メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

狭まるトランプ包囲網 違法献金証言/脱税有罪評決

コーエン氏=AP

 【ニューヨーク國枝すみれ】2016年の米大統領選を巡るロシアの介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」を捜査するモラー特別検察官が、トランプ大統領に対する包囲網を狭めつつある。21日、トランプ氏の元顧問弁護士のマイケル・コーエン氏(51)が、トランプ氏の指示で選挙資金規制法違反の献金をしたと証言。トランプ陣営の元選対本部長、ポール・マナフォート被告(69)も有罪評決を受けた。

 コーエン氏は、検察当局との司法取引に応じ、ニューヨーク連邦地裁で選挙資金規制法違反や脱税など八つの…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです