メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

波力発電

沖縄科学技術大、実用化目指し実験 モルディブで

モルディブのカンドゥーマ島沖合に設置された波力発電機の試作機=沖縄科学技術大学院大提供

 沖縄科学技術大学院大(沖縄県恩納村)は、海岸線に打ち寄せる波のエネルギーを電力に変換する波力発電の実証実験を、インド洋の島しょ国モルディブとともに始めた。モルディブでは地球温暖化に伴う海面上昇で国土の水没が懸念される一方、発電はそのほとんどを温暖化の一因である化石燃料に頼っている。研究チームは「気候変動の象徴ともいえる国で未来のエネルギーを実用化したい」と意気込んでいる。

 波力発電は、海岸近くの浅い海域で砕けた波のエネルギーを利用する。加速器の分野で国際的な業績のある同…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです