メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

副業や投資の情報商材 契約前に中身見られず

 インターネット上で「必ずもうかる」などと称(しょう)したノウハウを販(はん)売(ばい)する「情報商(しょう)材(ざい)」に関する相談が急増している。簡単に高額の収入を得られるという副業や投資のもうけ話には注意が必要だ。

 情報商材は「1日数分の作業で月に数百万円を稼(かせ)ぐ」「○万円が△億(おく)円(えん)になる投資法」といった副業や投資、ギャンブルに関するもので、主にネット上で通信販売される。PDF形式などの電子媒(ばい)体(たい)で取引され、契(けい)約(やく)者はパソコンやスマートフォンでダウンロードや閲(えつ)覧(らん)をする。動画やメールマガジン、アプリケーションの配信、冊子やDVDの送付がある場合も。

 「ユーチューブの15分の作業で最低月収50万円」といったうたい文句でマニュアルの販売や有料コースへ…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文910文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです