メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

未来のガリレオ=鴨志田公男

 15年ほど前のこと。目的の星を自動で捉える機能が付いた小型の屈折式望遠鏡を購入した。マンションのベランダに持ち出し、小学生だった娘に土星の輪を初めて見せた。

 娘の第一声は「ちいちゃいね」。がっかりした。

 私自身は中学2年生の時、手作りした望遠鏡で初めて土星の輪を見た。暗黒の中に浮かぶその姿を見て、宇宙って不思議だなと感動した。

 まず、小遣いで口径5センチのレンズを買った。確か1500円。これを塩ビのパイプに取り付け、顕微鏡用…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1111文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡
  5. 不正受給 事業所指定、取り消しへ 県 /熊本

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです