メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

夏巡業 稀勢、御嶽海と14番「良い稽古できた」

 大相撲の夏巡業が22日、東京都立川市で行われ、8場所連続休場からの復活を期す横綱・稀勢の里は朝稽古(げいこ)で、名古屋場所で初優勝した関脇・御嶽海と14番取り、右上手を取って安定した寄りを見せるなど、まずまずだった。

     稀勢の里は左脇を固めて踏み込み、右上手を狙う立ち合いが多かった。得意の左四つを封じられると、小手に振って崩す攻めも見せた。ただ、御嶽海の馬力に一方的に押し込まれた相撲もあった。御嶽海とは14日の夏巡業でも稽古しており、「前回に比べて相手も力を出したし、非常に良い稽古ができた」と稀勢の里。夏巡業は26日までで、その後は「力のある相手とやりたい」と出稽古に意欲を見せた。【飯山太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです