メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八戸

黄色いじゅうたん輝く ヒマワリ200万本見ごろ

見ごろを迎えているヒマワリ畑=青森県八戸市南郷島守で、塚本弘毅撮影

 青森県八戸市南郷島守の体験交流施設「山の楽校(がっこう)」で、約200万本のヒマワリが見ごろを迎えている。今年の生育は順調で、陽光に輝く黄色いじゅうたんが約2ヘクタールの畑に広がっている。

     ヒマワリは、小さめの花を咲かせる背丈が1メートルほどの「夏りん蔵」。訪れた家族連れやカップルは、黄色の海を泳ぐように畑を歩いて楽しんでいた。また、隣接のソバ畑では白いソバの花も咲き乱れ、黄色の花とのコントラストを見せていた。

     東京から南部町に帰省中に訪れた木下真希さん(30)は「花の数が多くてきれいで気持ちが癒やされる」と話していた。【塚本弘毅】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
    4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
    5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです