メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸電力

作業中の宙づり事故を疑似体験 石川で研修会

高所から誤って宙づりになった状態の疑似体験。安全帯をつけているため落下を免れている=石川県小松市の北陸電力小松支店で2018年8月22日、久木田照子撮影

 配電工事など作業中の事故を防ごうと、事故を疑似体験して学ぶ北陸電力の研修会が22日、同社小松支店(石川県小松市)であった。同社と関連会社の社員ら53人が、電柱から落ちて宙づりになった状態などを体験し、次の仕事に向けて気を引き締めた。

 同支店は2012年度から年に1回、研修会を開催。作業中の事故では、電柱からの落下などが多い点に着目し、体験メニューを組んでいる。事故で体が受ける衝撃や、地面に落ちないよう電柱などに体を固定する安全帯の大切さなどを実感し、「何がどれほど危険か」を感じてもらうという。

 この日は最初に教材DVDを見た後、高さ約1メートルからあおむけの姿勢でマット上に墜落▽ヘルメットを…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文735文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです