メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都

「動いた!」 銅像になりきるパフォーマー

銅像? いや、人間? 行き交う人は驚き、そして笑顔になって通り過ぎていく=京都市下京区で2018年8月18日、川平愛撮影

 「何あれ、銅像? えっ、人間?」「違うやろ」「あっ! ほら、動いた!」

 通りかかる人が気になって振り返っては驚きの声を上げ、笑顔で去って行く。

 銅像になりきるパフォーマー「Mr.Kids」こと今戸(いまど)隆成(りゅうせい)さん(23)。京都市下京区の路上に出現し、時折、ポーズを変えては、にっこりと手を振る。

 京都精華大で油絵を専攻していた4年前、体の動きをピタッと止めるフラッシュモブを友人と学内で演じたと…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文592文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです