メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重・名張

廃校利用しワイン造り 高まる期待

 ブドウ生産が盛んな三重県名張市で、廃校となった小学校を活用したワイナリー「國津果實酒醸造所」がオープン、8月末に醸造を始める。子どもたちが巣立った学びやから、香り豊かなワインの出荷を目指す。新たな特産品にしようと、地元の期待も高まっている。

 同市出身の中子具紀さん(34)が醸造を担当、父親の統雄さん(76)が社長を務める。中子さんは2010年からフランスやスペインで修業を積み、帰国後の12年、滋賀県のワイナリーに就職。天然酵母を使ったオリジナルブランドの設立に関わった。

 帰国当初から「故郷の畑で育てたブドウでワインを造りたい」との思いがあり、15年に退社した。父親が副…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文630文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです