メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重・名張

廃校利用しワイン造り 高まる期待

 ブドウ生産が盛んな三重県名張市で、廃校となった小学校を活用したワイナリー「國津果實酒醸造所」がオープン、8月末に醸造を始める。子どもたちが巣立った学びやから、香り豊かなワインの出荷を目指す。新たな特産品にしようと、地元の期待も高まっている。

 同市出身の中子具紀さん(34)が醸造を担当、父親の統雄さん(76)が社長を務める。中子さんは2010年からフランスやスペインで修業を積み、帰国後の12年、滋賀県のワイナリーに就職。天然酵母を使ったオリジナルブランドの設立に関わった。

 帰国当初から「故郷の畑で育てたブドウでワインを造りたい」との思いがあり、15年に退社した。父親が副…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです