メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェコ事件50年

国内各地で追悼式 親露の大統領は欠席

チェコ事件から50年を迎え、犠牲者追悼のコンサートには多数の市民が詰めかけた=チェコの首都プラハで2018年8月21日、ロイター

 【ウィーン三木幸治】旧チェコスロバキアの民主化運動「プラハの春」を鎮圧するため、旧ソ連と東欧諸国によるワルシャワ条約機構軍が軍事侵攻した「チェコ事件」から50年を迎えた21日、チェコとスロバキアの各地で犠牲者の追悼式典などが開かれた。

 チェコのバビシュ首相は当時、ワルシャワ条約機構軍に非武装の市民17人が殺害されたプラハのチェコ・ラジオ前で演説し「自由と民主主義にとって重要なのは人々の多様な意見を認めることだ」と述べ、旧ソ連などによる抑圧を非難…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです