メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェコ事件50年

国内各地で追悼式 親露の大統領は欠席

チェコ事件から50年を迎え、犠牲者追悼のコンサートには多数の市民が詰めかけた=チェコの首都プラハで2018年8月21日、ロイター

 【ウィーン三木幸治】旧チェコスロバキアの民主化運動「プラハの春」を鎮圧するため、旧ソ連と東欧諸国によるワルシャワ条約機構軍が軍事侵攻した「チェコ事件」から50年を迎えた21日、チェコとスロバキアの各地で犠牲者の追悼式典などが開かれた。

 チェコのバビシュ首相は当時、ワルシャワ条約機構軍に非武装の市民17人が殺害されたプラハのチェコ・ラジオ前で演説し「自由と民主主義にとって重要なのは人々の多様な意見を認めることだ」と述べ、旧ソ連などによる抑圧を非難…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです