メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

CO2削減目標を大幅緩和 温暖化対策後退へ懸念

 トランプ米政権は21日、発電分野の温室効果ガス削減のためオバマ前政権が定めた規制「クリーン・パワー・プラン」に代わる新たな二酸化炭素(CO2)削減策を発表した。削減の数値目標を盛り込まないなど大幅に緩和され、排出量が多い石炭などの化石燃料業界を後押しする内容となった。

 前政権の規制は、トランプ大統領が昨年10月に撤廃した。既に離脱を表明している地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」では、米国が温室効果ガス削減目標を達成するために柱とした政策だった。米国の温暖化対策がさらに後退するとの懸念が高まっている。

 温暖化対策に熱心な東部ニューヨーク州などの司法長官は21日、新たな削減策の撤回を求め提訴すると発表…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  3. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋
  4. 質問なるほドリ アフターピルって何? 望まぬ妊娠から女性守る 高額、入手に手間=回答・中川聡子
  5. 工事図面に高圧幹線記載なく 切断で停電 大阪・高槻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです