メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

CO2削減目標を大幅緩和 温暖化対策後退へ懸念

 トランプ米政権は21日、発電分野の温室効果ガス削減のためオバマ前政権が定めた規制「クリーン・パワー・プラン」に代わる新たな二酸化炭素(CO2)削減策を発表した。削減の数値目標を盛り込まないなど大幅に緩和され、排出量が多い石炭などの化石燃料業界を後押しする内容となった。

 前政権の規制は、トランプ大統領が昨年10月に撤廃した。既に離脱を表明している地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」では、米国が温室効果ガス削減目標を達成するために柱とした政策だった。米国の温暖化対策がさらに後退するとの懸念が高まっている。

 温暖化対策に熱心な東部ニューヨーク州などの司法長官は21日、新たな削減策の撤回を求め提訴すると発表…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文764文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 金箔瓦 岡崎城に黄金の葵 徳川・歴代最古
  5. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです