メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍従日記

小林忍氏記録の要旨

 昭和天皇の侍従だった小林忍氏の日記の要旨は次の通り。(表記は原文のまま)

 1975年4月28日 沖縄デーでデモ行進あり。混乱の有無をお尋ねあり。何もなかった旨申しあげた。「それはよかった。それはよかった」と非常にお喜びだった。

 5月13日 「天皇の外交」伊達宗克著につき、戦争のつぐないとして平和外交を推進しているかの如く広告しているが、そのような内容ならそれはおかしい。戦前も平和を念願しての外交だったのだからと仰せあり。

 11月24日 お上の近況について侍従長のお話(11月22日昼食事の時)。訪米、帰国後の記者会見等に…

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1557文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです