メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍従日記

小林忍氏記録の要旨

 昭和天皇の侍従だった小林忍氏の日記の要旨は次の通り。(表記は原文のまま)

 1975年4月28日 沖縄デーでデモ行進あり。混乱の有無をお尋ねあり。何もなかった旨申しあげた。「それはよかった。それはよかった」と非常にお喜びだった。

 5月13日 「天皇の外交」伊達宗克著につき、戦争のつぐないとして平和外交を推進しているかの如く広告しているが、そのような内容ならそれはおかしい。戦前も平和を念願しての外交だったのだからと仰せあり。

 11月24日 お上の近況について侍従長のお話(11月22日昼食事の時)。訪米、帰国後の記者会見等に…

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1557文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです