メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里、御嶽海と14番取り「良い稽古できた」

朝稽古で力強い動きを見せる稀勢の里(左)=東京都立川市で2018年8月22日、飯山太郎撮影

 大相撲の夏巡業が22日、東京都立川市で行われ、8場所連続休場からの復活を期す横綱・稀勢の里は朝稽古(げいこ)で、名古屋場所で初優勝した関脇・御嶽海と14番取り、右上手を取って安定した寄りを見せるなど、まずまずの内容だった。

 稀勢の里は左脇を固めて踏み込み、右上手を狙う立ち合いが多かった。得意の左四…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです