メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇杯

移籍の横浜・久保 落ち着き払ってアシスト

 出場機会を求め、今月16日にFC東京から横浜マに移籍した17歳のFW久保がトップ下で先発。「最後の部分で力になりたい」との言葉通り、冷静なプレーで反撃のゴールをアシストした。

     1点を追う前半40分。自身が蹴った右CKから再びボールを受け、ワンタッチでゴール手前に左足でふわりと放り込む。後ろからのボールをDF畠中が巧みな右足ボレーで決めると、両腕を上げて駆け寄った。好機でも憎らしいほど落ち着き払ったプレーでさばく久保が、無邪気に抱き合って見せた満面の笑み。ようやく少年らしさをのぞかせた。

     バルセロナの下部組織で育った俊英。昨年プロ入りしたばかりの高校生が、移籍直後に天皇杯16強で先発起用されたのは非凡な才能の証明だ。一方で、期待値が高いからこそ実績以上の注目度を集め、もっとできるのではという視線が注がれるのも事実。「プレッシャーを感じながら、それをマイナスにするかプラスにするかは自分次第」。久保は戦っている。

     試合は点の奪い合いとなり、打ち負けた。リーグ戦も15位と苦しい戦いが続くチームの起爆剤になれるか。今後も出場機会を得て結果を残し、自らの力を証明していけるか。どちらも、さらなる成長にかかっている。【大島祥平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
    4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです