メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇杯

川崎の斎藤、強烈な一撃

 ○川崎3-1湘南●(22日)

     エンジンが温まるまでには時間を要したが、勢いに乗れば容易には止められない。川崎を8強に導いたのは斎藤の強烈な一撃だ。

     同点の後半9分、鈴木の浮き球のパスを巧みなトラップで押さえ、左サイドからペナルティーエリアに進入した。湘南守備陣のマークをはねのけて左足を振り抜くと、ボールはGKの手をかすめてゴールに吸い込まれた。その後も相手を手玉に取るように切れ味鋭いドリブルとターンでかわし、ゴールに迫った。

     湘南の激しいプレスの前に思うようにボールを運べなかった前半から、プレーは一変。「最後は足がつったが、他の選手を見るともっときつそうだった。ボールがつながるので自分が仕掛けられる。もっとゴールを決めなければいけない」。横浜マから移籍した今季初めてのゴールにも、自分に言い聞かせるような口調だった。

     川崎は19日の広島とのJ1リーグ戦から先発を全員入れ替えて臨んだ。右膝の大けがから復帰した斎藤もリーグ戦ではベンチスタートに甘んじる日々だ。「試合に出られず、悔しい思いをしているメンバーで勝てたことは大きい。チーム一丸で戦い、Jリーグも天皇杯も優勝を目指したい」。控えでシーズンを終えるつもりはない。【大谷津統一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
    2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
    4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
    5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです