メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

ゴルフ女子 フィリピンの「天才」高校生・笹生 日本人父と共に技磨く

ティーショットを放つフィリピン代表の笹生優花=ジャカルタで2018年8月23日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ松本晃】ジャカルタ・アジア大会のゴルフ競技に、フィリピンで「天才」と言われている女子高校生が出場している。日本人の父とフィリンピン人の母の間に生まれた笹生(さそう)優花(ゆうか)。23日の初日は通算1アンダーの7位で好発進した。「国を代表して戦うのはやっぱり燃えますね」と話す17歳の目標は2020年東京五輪でのメダル獲得だ。

 ドライバーの飛距離が長い「飛ばし屋」で知られる。第1ラウンド18番(パー5)。あこがれのロリー・マ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです