メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大坂が4強 伊達以来、日本勢25年ぶり 全豪テニス
もう一度花咲かせよう

対応できない?「新ルール」=残間里江子

 最近は「ハラスメント」という言葉が流行語のようになっていて、旧世代の男性たちの戸惑いは隠せない。

 「この間も女性社員が『パソコンがフリーズしちゃった!』と言うので、パソコンをのぞき込んだら、後で年の近い女性の同僚に『顔が近づきすぎ。セクハラと訴えられても仕方ないわよ』と言われてハッとしたんだ。本人からは何にも言われなかったけれど、それ以来、怖くて女性社員には何も言えないよ」

 セクハラは「性的嫌がらせ」を意味するのだが、「嫌がらせ」に厳密な線引きはない。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  4. インフルエンザで小学生男児死亡 長野
  5. ゾゾへの出品中止相次ぐ アパレル大手、値引きに反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです