メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度花咲かせよう

対応できない?「新ルール」=残間里江子

 最近は「ハラスメント」という言葉が流行語のようになっていて、旧世代の男性たちの戸惑いは隠せない。

 「この間も女性社員が『パソコンがフリーズしちゃった!』と言うので、パソコンをのぞき込んだら、後で年の近い女性の同僚に『顔が近づきすぎ。セクハラと訴えられても仕方ないわよ』と言われてハッとしたんだ。本人からは何にも言われなかったけれど、それ以来、怖くて女性社員には何も言えないよ」

 セクハラは「性的嫌がらせ」を意味するのだが、「嫌がらせ」に厳密な線引きはない。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです