メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 武蔵野市立吉祥寺美術館(東京都武蔵野市) 市民の創作発表の場にも /東京

 JR吉祥寺駅北口から繁華街を歩いて3分。商業ビル「コピス吉祥寺A館」に2002年、市立美術館として開館した。若者の街・吉祥寺らしくビル内はファッションや雑貨、アウトドアなど若者向けの店が入居しており、にぎやかだ。その横をエスカレーターで7階まで上がると、照明が控えめの落ち着いた空間が広がっている。

 収蔵作品は野田九浦の日本画をはじめ、油彩、版画、写真など約2500点にのぼる。常設の「浜口陽三記念室」「萩原英雄記念室」では、両作家の版画作品や関連資料を常時展示・紹介している。腰掛けるスペースもあり、ゆっくりと作品を眺められる。

 企画展示室では年に数回のペースで多様なジャンルの作家の作品を紹介するほか、市民の創作発表の場である…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです