メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・かお・トーク

重厚さ、美しさ伝える 老舗瓦工業社長・一ノ瀬靖博さん /山梨

一ノ瀬靖博さん(42)

 --どんな仕事をしていますか。

 ◆主に瓦の施工、修理を行っています。1916年の創業で、当初は瓦の製作も行っていました。しかし瓦の需要が低下し、約40年前に窯元を閉めました。創業100年を機に瓦の魅力を発信する事業を始めました。

 --具体的には。

 ◆アパレルなど幅広いデザインを手掛けているクリエーターのハイロックさんと協力して、自社ブランド「icci KAWARA PRODUCTS」をスタートさせました。瓦のコースターやペン立て、瓦と同じ手法で作ったリンゴやバナナなどの置物を販売しています。瓦の持つ重厚さや美しさをアピールするデザインです。本社や都内のセレクトショップ、インターネットで販売しています。本社の敷地内には、スペイン瓦と呼ばれるカラフルな瓦屋根で作ったカフェを併設しました。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文947文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです