メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

全国少年少女選手権 内中原小・小野さん6連覇 参加選手ら雲南市長に成果報告 /島根

島根県雲南市の速水雄一市長(後列中央)に大会の報告をした小野こなみさん(同左)ら=同市役所で、柴崎達矢撮影

 全国少年少女レスリング選手権大会(7月・大阪市)で6連覇を果たした松江市立内中原小6年、小野こなみさん(12)ら小中学生7人がこのほど、雲南市役所に速水雄一市長を訪ね、成果を報告した。「+45キロ級」で出場した小野さんは「6連覇の瞬間、ガッツポーズが出た。将来は伊調(馨)選手みたいに強くなってオリンピックで4連覇したい」と話した。

     7人は加茂B&Gレスリングクラブ(同市)に所属し、小学生6人は同大会の男女・学年・体重別で3位以内に入賞。また雲南市立加茂中の黒田佳吏夫さん(3年)は、6月に水戸市内であった全国中学生レスリング選手権大会の男子47キロ級で3位だった。【柴崎達矢】

     全国少年少女レスリング選手権大会での他5人の成績は次の通り(学校はいずれも雲南市立。敬称略)。

     【準優勝】吾郷煌介(斐伊小3年、25キロ級)▽松原壮亮(加茂小3年、28キロ級)▽佐藤旺亮(同小3年、33キロ級)【3位】石橋壇(斐伊小3年、22キロ級)▽錦織楓真(佐世小4年、24キロ級)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです