メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

歌人・若山牧水 JR戸畑駅北口の緑地帯(戸畑区銀座1) 来訪に「創作」門下生ら号泣 /福岡

 人間や自然へのあふれる思いを詠み、一時代を築いた若山牧水の碑は2018年7月現在、全国に327基あるという。「『大きな石を見たら牧水の歌碑と思え』と言われるほど、どーんとした自然石がよく使われているのが特徴です」。生誕地・宮崎県日向市東郷町にある「若山牧水記念文学館」の荒砂正伸さんが説明する。

 全国を旅した牧水は各地に足跡を残したが、それにしても数が多いのでは? そう尋ねると、荒砂さんが言った。「特別でないものにドキドキワクワクする感情を表現した歌人です。自然や家族など身近にある大切なものの存在に気付かせてくれる。人はそこに共感を覚えるのではないでしょうか」

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1444文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです