メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

「徴用工」審理入り 年内確定判決も 上告審

 【ソウル堀山明子】日本の植民地時代に強制労働をさせられたとして韓国人元徴用工4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟で、韓国の最高裁判所は23日、差し戻し上告審の審理が始まったと明らかにした。2013年7月の原告勝訴の高裁判決を不服として新日鉄住金側が再上告したまま5年余も過ぎており、世論から批判が出ている。このため、上告審の審理はスピードアップされる見通しで、年内にも確定判決が下される可能性がある。

 審理を巡っては、日韓外交に配慮する韓国外務省が最高裁に判決を先延ばしするよう求める一方、判事の在外…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文589文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです