メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「ゲーム依存」の対策は

樋口進氏

 ゲームにはまって日常生活に支障が出ている--。そんな状態を世界保健機関(WHO)が「病気」と分類した。一方、電脳空間で技を競う「eスポーツ」の広がりや、ゲームを医療や教育に役立てる動きもある。もはや「インターネット抜き」では生きられなくなった現代人。ゲームと賢くつきあうにはどうしたらいいのか。

「病気」認めて治療進めよ 樋口進・国立病院機構久里浜医療センター院長

 久里浜アルコール症センター(現・久里浜医療センター、神奈川県横須賀市)に2011年、国内初のインターネット依存の専門外来を設置した。厚生労働省の08年の調査でネット依存傾向にある人が270万人と推計されたのがきっかけだった。当時、専門的な治療を行っている施設はなかった。

 専門外来を受診する患者の9割はゲームに依存していた。パソコンやスマートフォン用アプリのオンラインゲ…

この記事は有料記事です。

残り4132文字(全文4500文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです