メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは 小選挙区制への変更 首相権力の暴走、制御せよ=倉重篤郎(編集編成局)

政治改革法案で合意した細川護熙首相(右上)と河野洋平自民党総裁(1994年1月)。安倍1強の原点はここにあった=コラージュ・日比野英志

 平成の政治とは何だったのか。最も本質的な変化は選挙制度の変更によるものではないか。つまり、衆院議員の選び方を中選挙区制から小選挙区比例代表並立制に切り替えた。そのことが日本政治の景色を大きく塗り替えた。首相権力の強化もその一つだ。ただ、その運用面での問題点が安倍(晋三首相)1強という形で顕在化している。これをどう制御するのか。平成が終わる前に知恵を出したい。

この記事は有料記事です。

残り1903文字(全文2084文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  3. 3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委
  4. 「とても驚いた」「ぎょっと…」夜間の大揺れに厚真町民 北海道地震
  5. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです