メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 梶井基次郎の「檸檬」は京都の有名な書店が舞台だ。当時は洋書の輸入をもっぱら引き受けていた、その書店の一角で「私」は本を積み上げ、てっぺんにレモンを置いて出てくる。

 そして思う。その「黄金色に輝く恐ろしい爆弾」が10分後には大爆発するのなら「どんなにおもしろいだろう」。

 やや物騒な感じもするが、若者の鬱屈した思いを想像の中で吹き飛ばすだけ。ただ、本のお取り寄せが普及し多くの書店に閑古鳥が鳴く現代なら、違う筋立てになったかもしれない。

 しかも電子書籍がある。「檸檬」が世に出た大正のころなら洋書の取り寄せに何カ月もかかったろうが、今は…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです