メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロヒンギャ、悲劇今も 衝突1年 劣悪キャンプに「定住」

シェルターがひしめくように密集する難民キャンプ=バングラデシュ南東部コックスバザール郊外で2018年6月24日、松井聡撮影

 ミャンマー西部ラカイン州で少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の武装集団と治安部隊が衝突し、70万人以上の難民を生み出した事態の発生から25日で1年。隣国バングラデシュに逃れた難民は長期化するキャンプ生活の中で、性的暴力や人身売買などの「人道危機」にもさらされ続けている。ミャンマー政府はロヒンギャへの迫害に関する国際的な調査を認めず、早期帰還など解決の道筋も見えていない。

 バングラデシュに逃れたロヒンギャは帰還のめどが立たず、キャンプでの生活がさらに長期化する見通しだ。…

この記事は有料記事です。

残り2631文字(全文2867文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです