メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 エジプト・アブシンベル 神殿移設、水没から救済 「世界遺産」創設のきっかけ

 それは前代未聞の大事業だった。岩山を掘って造られたエジプト南部の巨大な「アブシンベル神殿」を、そっくりそのまま動かそうという計画だ。神殿移設から来月で半世紀。歴史的建造物や自然環境を保護する「世界遺産」の制度が誕生するきっかけとなった遺跡救済プロジェクトだが、その「功罪」も含め、さまざまな問いを今も投げかけている。【アブシンベル(エジプト南部)で篠田航一】

 紀元前13世紀、古代エジプトのファラオ(王)のラムセス2世によって建てられた神殿は現在、エジプト屈…

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1743文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです