メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニコン

3年ぶり参戦 ミラーレス競争激化へ カメラファンに照準

ミラーレスの新商品を手に、世界シェア1位を目指すと宣言した牛田一雄社長(中央)ら=東京都品川区で2018年8月23日午後2時39分、柳沢亮撮影

 スマートフォンの普及などでデジタルカメラ市場が縮小する中、ニコンは23日、3年ぶりとなるミラーレスの新商品を9月下旬から発売すると発表した。小型、軽量でも高性能なミラーレスはプロカメラマンや女性を中心に人気が出ており、ニコンの再参入でさらに競争が激化しそうだ。【柳沢亮】

 「スマホより良い写真が撮りたい人や若い層に人気だ。世界シェア1位を目指す」。23日の新商品発表会で、ニコンの牛田一雄社長は再参入する理由を語った。発売するのは、大型画像センサーを搭載した「Z7」(9月下旬予定)と「Z6」(11月下旬予定)の2機種。店頭予想価格がそれぞれ44万円前後、27万円前後と高価格だが、プロカメラマンやカメラを愛好する幅広い層への浸透を狙う。

 デジタルカメラの世界出荷は、スマートフォンの内蔵カメラの高画質化などを背景に縮小している。カメラ映…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1197文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです