メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野田総務相

下がるか携帯電話料金 菅氏発言受け焦点に 情報通信審に諮問

 野田聖子総務相は23日、情報通信の環境変化を踏まえ、電話やインターネットに関する規制の見直しや新たな政策を検討するよう情報通信審議会(会長、内山田竹志・トヨタ自動車会長)に諮問した。検討項目は多岐にわたるが、菅義偉官房長官が21日の講演で「今より4割程度下げる余地がある」と発言した携帯電話料金のあり方が焦点になりそうだ。【森有正】

     携帯電話料金については、安倍晋三首相が2015年9月に「料金の家計負担軽減は大きな課題。方策を検討してほしい」と発言。その後、NTTドコモなどが低料金プランを導入した。総務省も携帯大手各社に通信料やサービスの競争を促したり、インターネット通販大手の楽天の携帯電話市場への新規参入を認めたりして、市場を活性化しようとしてきた経緯がある。

     安倍政権が引き続き料金引き下げにこだわっているのは、携帯電話料金が家計を圧迫し、消費伸び悩みの要因になっているとみているためだ。総務省の家計調査によると、17年の携帯電話通信料は10万250円となり、5年前と比べて23%増加した。審議会後に記者会見した内山田会長は、料金引き下げについて「諮問された検討範囲は幅広い。まだ具体的な方向は示せない」と述べるにとどめたが、携帯大手への値下げ圧力が再び強まる可能性がある。

     総務省は6月、2年間の継続利用を条件に基本料金を割り引く「2年縛り」など、複雑な料金プランの見直しも携帯大手に求めた。今後は審議会傘下の有識者会議などで、携帯大手から回線を借りて格安スマートフォンを展開する仮想移動体通信事業者(MVNO)の促進なども含め、市場活性化策を議論する考えだ。

     このほか、米グーグルなどネット上に基盤を持ち、多くのサービスを提供する「プラットフォームサービス」への対応なども課題となる。審議会は来年末をめどに総務相に答申し、総務省は答申を踏まえて電気通信事業法の改正を検討する。


    情報通信審議会の主な検討課題

     ▽2030年ごろに実現が見込まれる通信ネットワーク全体のビジョン

     ▽携帯電話料金のあり方や「格安スマホ」サービスの拡大など、モバイル市場の競争環境確保

     ▽米グーグルやフェイスブックなど「プラットフォームサービス」への対応

     ▽事業者や消費者がネット上で等しくサービスを使える「ネットワーク中立性」のあり方

     ▽固定電話の全国一律サービス提供など通信基盤整備のあり方

     ▽消費者保護ルール

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです