メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

和合亮一さん=震災前後の詩を「現代詩文庫」2冊にまとめた

詩人の和合亮一さん=2018年8月7日、根岸基弘撮影

和合亮一(わごう・りょういち)さん(50)

 詩作を始めて30年。現代詩をけん引する思潮社の現代詩文庫から、「和合亮一詩集」と「続・和合亮一詩集」の2冊を同時刊行した。「学生時代、図書館から借りた現代詩文庫をコピーして幾度も読み返しました。その出合いが詩の扉を開いてくれたので、とてもうれしい」と率直に語る。

 2冊を分けるのは東日本大震災。続編は原発事故のさなか、ツイッターで発信し続けた「詩の礫(つぶて)」…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文693文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
  5. ゴーン会長逮捕 日産3社連合暗雲 ルノー後任協議へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです