メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

和合亮一さん=震災前後の詩を「現代詩文庫」2冊にまとめた

詩人の和合亮一さん=2018年8月7日、根岸基弘撮影

和合亮一(わごう・りょういち)さん(50)

 詩作を始めて30年。現代詩をけん引する思潮社の現代詩文庫から、「和合亮一詩集」と「続・和合亮一詩集」の2冊を同時刊行した。「学生時代、図書館から借りた現代詩文庫をコピーして幾度も読み返しました。その出合いが詩の扉を開いてくれたので、とてもうれしい」と率直に語る。

 2冊を分けるのは東日本大震災。続編は原発事故のさなか、ツイッターで発信し続けた「詩の礫(つぶて)」…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文693文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです