メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

和合亮一さん=震災前後の詩を「現代詩文庫」2冊にまとめた

詩人の和合亮一さん=2018年8月7日、根岸基弘撮影

和合亮一(わごう・りょういち)さん(50)

 詩作を始めて30年。現代詩をけん引する思潮社の現代詩文庫から、「和合亮一詩集」と「続・和合亮一詩集」の2冊を同時刊行した。「学生時代、図書館から借りた現代詩文庫をコピーして幾度も読み返しました。その出合いが詩の扉を開いてくれたので、とてもうれしい」と率直に語る。

 2冊を分けるのは東日本大震災。続編は原発事故のさなか、ツイッターで発信し続けた「詩の礫(つぶて)」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです