メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

記者の記録 激変する国際秩序 「自由」の模索続く

 日本で平成時代が幕開けした年、東西冷戦の象徴だった「ベルリンの壁」が崩壊した。だが、冷戦終結と米国の一極支配体制に伴う世界の安定は、つかの間だった。台頭する中国とロシアは強権支配を確立し、世界各地で国内紛争と過激派組織によるテロが相次いだ。ポピュリズムと排他主義の嵐も吹き荒れるようになり、世界は、20世紀以降の国際秩序そのものの激変を目の当たりにした。

この記事は有料記事です。

残り3235文字(全文3413文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです